必要度が高まる薬剤師のお仕事内容をご紹介します

薬剤師さんはどのようは仕事をしているの

最近では多くの薬剤師が薬局などで働いている

様々な薬を取り扱うことが多くなる

薬剤師の過半数以上が勤務先として、選ぶというのが調剤薬局です。
薬剤師の人員が多いだけではなく、全国に薬局はあるので、場所を決めることなく就職が可能というのが最大のメリットでしょう。
平成30年度末時点において、全国にある薬局の総数は58,678施設で、中でも東京は6,604施設と最も多い、次いで埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫などの大都市に多くの薬局が存在しています。
病院の薬剤師と異なる点は、多くの病院より処方箋を受けていれているということが多い点でしょう。
そのため、様々な薬を取り扱うことが多くなるのですが、その分知識が身につきやすい点がメリットとして挙げられます。
調剤はもちろん業務の1つなのですが、薬剤師の人員が少ない調剤薬局においては、監査業務なども担当することもあります。

監査が正しく行われていない場合

監査とは、処方されている薬剤は正しいものなのか、患者と薬剤の不一致は起きていないかなど、全ての薬が正しく調剤されているかなどを確認することです。
監査が正しく行われていない場合、重大なミスを引き起こすことに繋がるので、とても重要な役割です。
そして、服薬指導についても大切な仕事で、薬の効果や効能のほかに、アレルギー歴などを聞いて確認したり、飲み方の指導も行っています。
また、調剤薬局に事務員がいない際には、処方箋の受付から会計までを担当することもあるでしょう。
ドラッグストアについては、薬剤師のパート先やアルバイト先としても人気が高い職場です。
病院や調剤薬局との異なる点は、病気の人に限らず多数人が来るということです。
健康相談や病気予防、そして子供から高齢の方まで幅広い人が対象となるため、地域貢献度の高い仕事といえるでしょう。