必要度が高まる薬剤師のお仕事内容をご紹介します

薬剤師さんはどのようは仕事をしているの

医師からの処方箋をもとに薬を調剤する

薬局勤務では得ることが出来ない経験を積む

介護老人保健施設(老健)とは、主に医療ケアやリハビリを目的とする方が入居している施設のことです。
基本的には、自宅に戻ることを目標にしているため、重症の高齢者がいないというのが特徴です。
ここでの薬剤師の仕事は、調剤や患者さんごとのお薬の管理や発注などがあり、仕事的には調剤薬局とほとんど変わりはありません。
しかし、高齢化社会に向けて、老人介護の現場で経験を積むことは、自分自身が成長する上で役立つはずです。
調剤薬局のように、毎日新しい患者さんを対応するというわけではなく、入所者とのやりとりになるので、人間関係が安定することも魅力の1つです。
また、老健では看護師や理学療法士など沢山の医療従事者が関わっていますが、薬剤師の数はさほど多くありません。
薬局勤務では得ることが出来ない経験を積むことも可能です。
チーム医療の一員として、経験を積んでおきたいという方に向いているでしょう。

在宅医療を利用している方は高齢者が多い

在宅薬剤師については、在宅医療の一員となり看護師などと一緒に訪問サービスを行います。
仕事の内容自体は、薬の調合や服薬説明など一般的な仕事と変わらないのですが、患者さんが薬局に来るのではなくて、薬剤師が患者さんの家に出向くというのと、在宅医療を利用している方の多くは高齢者であるという点は異なるでしょう。
そのため、服薬の説明だけではなく、服薬がしっかり行われているかどうかの状況確認や保管の状態を確認するのも大切な役割の1つです。
薬剤師が在宅に派遣される習慣は、「医師の指示を受けて」「薬局から必要に応じて」「看護師や家族などから相談を受けて」「介護支援専門員から相談を受けて」の4つに分かれています。
近年では、医師や看護師の在宅医療の需要が高まっていますが、薬剤師も同様です。
在宅訪問診療に関わりたいという考えを持ち、転職考えている方は薬局や病院で在宅医療を行っているかどうか確認しておきましょう。