必要度が高まる薬剤師のお仕事内容をご紹介します

薬剤師さんはどのようは仕事をしているの

職場ごとで担う特徴的な仕事が個々にある

健康に学校生活を送るため必要不可欠である

あまり知られていないのですが、幼稚園や小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・高等専門学校・義務教育学校・中等教育学校などには、薬剤師の設置が義務化されています。
では、学校の薬剤師は学校で、どのような仕事を行っているのかというと、健康指導と学校の環境衛生の維持や管理などが主な仕事内容です。
特に学校の環境衛生を維持や管理を行うことは、児童の健康や安全を守り、健康的に学校生活を送るためには、必要不可欠であるとされているため、とても大切な役割を担っています。
具体的には、飲料水などの水質検査や設備環境の確認、プールの水質検査と設備や施設の衛生状態の確認など、そして教室環境の管理や換気・保湿の確認などを行っています。
実は学校には、保健室で扱う医薬品の他にも、理科や化学の授業で使用する薬品だったり、園芸用の薬品があったりと様々な薬品が置かれています。
薬品の保管に関しての使い方指導や助言を行っています。

意外なところで活躍されている薬剤師もいる

薬剤師の仕事とは少し異なりますが、日本薬剤師会では「薬物乱用防止活動」にも力を入れています。
これは、厚生労働省をはじめとして、文部科学省や日本学校保健会・麻薬・覚醒剤乱用防止センターなどとも、連携を取りつつ行われているものです。
予防という意味においては、小学校からの指導が重要と考えられているため、特に中学校と高校では、年に1回「薬物乱用防止教室」の開催が必須とされています。
このように、意外なところでも活躍されている薬剤師もいるのです。
薬剤師の仕事というと、調剤や服薬指導が主要であることに変わりはないのですが、皆さんの健康を守るためには、医薬品ではなく薬物やドラッグなどの指導も行っていかなければならないということです。
将来、転職をしたいという方は、どの分野で薬剤師として活躍していきたいかをよく考えて求人を探してみると良いでしょう。